« 新春!ありがとう2005年 | トップページ | 三国駅 »

“名古屋鉄道(ほぼ)全線走破”

gifu01chubu

◆コラム〈不定期雑記〉第四拾四号◇2/14◇

皆さん こんばんわ(こんにちわ)

さて、名古屋(尾張・三河)といえば世に英傑を大勢輩出し、近年は愛知県出身の女性タレントも多い。三流DJ界トップの座をひた走るつボイ氏もここ一宮市の出身であります。
そして、山田さんが1999年に投手コーチ就任〜ヘッド格〜監督と歴任された中日ドラゴンズのフランチャイズが愛知県であることは、やはり外せない一面でありましょう。
その尾張・三河・美濃に477.8kmにもおよぶ広大な路線網を誇る「名古屋鉄道」(通称名鉄)の全線完乗を2月13日に達成する事ができました。

最後まで未乗車で残った区間は、羽島線・江吉良〜新羽島間、モンキーパークモノレール線・犬山遊園〜動物園間。
“今話題のスポット”河和線・富貴〜河和間。
そして、新たに開通した空港線・常滑〜中部国際空港間。

それらを完全走破するため、またこの3月いっぱいをもって廃止される岐阜600V区間の路面電車ニ、以前から興味を懐きつつも時間の都合で途中下車できなかった、尾西線萩原駅界隈、三河線三河知立駅界隈の散策等も兼ね、2月11日から13日の三連休を利用して行って参りました。

1日目は主に揖斐線と岐阜市内線を走破。揖斐線下方駅で下車オ、駅横の根尾川鉄橋にて撮影。
岐阜市内線徹明町〜日野橋間、現役では今やここだけ?となった「続行運転」の“満喫”と、野一色付近での撮影。
「高床ホーム」と「低床ホーム」を使い分ける田神駅界隈で撮影。
まだ何処にもそれほどFeはいなかった。

2日目はまず尾西線萩原駅界隈散策と、美濃町線お名残乗車。電車が“お馬ちゃん”モ600形で車両運よかった。
新関まで往復し、岐阜に戻って“空港快速特急”「ミュースカイ」乗車。もちろん空港線を走破するためである。
車内は家族連れや御婦人の物見客が大勢を占め、Feは意外と少なかった。そのためか子供が騒いだり、御婦人方のおしゃべりのトーンが若干高めで、乗客が一気に増えた名古屋からはハッキリいってうるさかった。何とか流れるような車窓を眺めながらMDポータブルプレーヤーで音楽を聞いてしのいだ。
路線改良を進めた常滑線をノンストップで駆け抜け、中部国際空港(セントレア)駅到着。
まだ完全開港とはいかないまでも物見遊山の客は「ミュースカイ」同様、家族連れや御婦人方、そしてアベックに多かった。とか言ってる小生もあくまで名鉄完乗のためとはいえ物見客の部類に入らざるをえない。
構内は“関係者以外立入禁止”の所以外は警備もそう大して厳しいとは思えなかった。
何かと話題の「ムービングウォーク」も各所にあった。やはり止まっている人が多かったね。もちろん見物が目的だから早く歩いても仕方ないのだけれど、いざ本番になった時どうなるのか?少し興味のあるところ。

3日目は残る未乗区間であるモノレール、河和線、羽島線を三河知立散策を絡め、サクサクと廻る。
“南セントレア市”じゃなかった、美浜町のある河和駅にも行って参りました。駅界隈を少し散策。。“南セントレア市役所”になる予定だった美浜町役場も駅から歩いてすぐのところにあった。
もうそこには海がひらけていて典型的な普通の漁港。地元名産の美浜みかん「みはまっこ」キャラクターと相俟っていい感じを醸し出している“田舎”だった。これが南セントレア市になると、みかんまで「南セントレアっこ」になってしまうところであった。(^^;
ちなみに言わせてもらえれば、町長も本気で取り組む気概があったのならばリコール覚悟でも押し通すはずである。
「セントレア空港」だ、やれ「万博」だ、と浮かれポンチになって、あわよくば便乗しようという目論見が大いにあったのではなかろうか。結局撤回したのにはそれくらいにしか考えてなかった証拠に他ならないのではないでしょうか。

河和から太田川へと向かいここで途中下車。太田川駅舎はなかなかおもしろいのである。
ここからもう一つの新型空港特急“赤いヤツ”2200系(一般車)で神宮前へ。豊橋ゆき特急で知立へ。三河線豊田市方面へ一つ目にある三河知立駅で下車。昔はここが知立駅だったらしい。“トワイライトゾ〜ン”で取り上げられそうな雰囲気の駅、とでも言っておきませうか・・・。
このまま三河線で北上して豊田市へ。豊田線〜地下鉄鶴舞線を走破し、上小田井へ。30秒もない接続で対向ホームへ移動し名古屋方面へ。ここで名古屋本線快速急行に乗り換え笠松まで。

いよいよ19:23新羽島ゆきに乗車。接続が遅れたこともあって定刻の19:45よりも少々遅れて新羽島到着。
ようやく「名鉄全線走破だ!」と喜ぶ暇もない。19:50には折り返し岐阜ゆきとして発車する。記念撮影(※)も覚束ないまま、車掌さんにお慈悲を頂いて何とか乗り込む。これを逃すと30分も空き、近鉄名古屋で所定の列車がのれなくなる。(※)2.3枚くらい撮ったのだけどフィルムカメラであり慌てていたので不安だ。今書いてる時点ではまだ現像できていません。悪しからずお許しいただきますように・・・。
笠松20:11着。名古屋本線20:16豊橋ゆき快速急行3500系ロングシートで“C寝台”名鉄名古屋20:43着。
予め買っておいた近鉄名古屋21:00発近鉄難波ゆき名阪甲特急(伊勢志摩ライナー運用)DXシートでいざ帰阪、23:05近鉄難波到着。御堂筋線を経由し、阪急梅田から23:37発の雲雀丘花屋敷ゆき普通に乗って帰路につき、日付の変わる頃に無事、家に辿り着きました。

なお、1999年4月1日に廃止された美濃町線・新関〜美濃間。
2001年10月1日に廃止された八百津線、竹鼻線・江吉良〜大須間、谷汲線、揖斐線・黒野〜本揖斐間。
2004年4月1日に廃止された三河(山)線・西中金〜猿投間と三河(海)線・碧南〜吉良吉田間、にも乗車しております。
また、新関〜美濃間廃止の代替処置として開通した、新関〜関は昨年乗車できました。
ですので、近年まで形成された名鉄の路線網は走破できたともいえましょう。それらを含むと路線長は500kmをゆうに超えるものとなります。
今を想えば、1988年6月1日に廃止された岐阜市内(本)線であった徹明町〜長良北町間に乗れなかったのが何とも残念至極でなりません。

このまま名鉄がを岐阜600V区間を全廃すると、路線長でも東武鉄道に抜かれ第3位に転落する。まあ路線が長いから偉いわけじゃないのだけれど何だか寂しい・・・。やはり「近鉄」「名鉄」の“両雄”が君臨しないとね。

名鉄も、せめてもの罪滅ぼしに岐阜600V区間をフランス・コネックス社か、いっその事「ホリえもん」に買ってもらいたまえ。

|

« 新春!ありがとう2005年 | トップページ | 三国駅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いやー、さすがの読み応えですね。
良くも悪くも今年前半の話題は、名鉄が独り占めですな。

投稿: すがや☆じゅん | 2005/02/15 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42851/2932348

この記事へのトラックバック一覧です: “名古屋鉄道(ほぼ)全線走破”:

« 新春!ありがとう2005年 | トップページ | 三国駅 »