« 様々な“祭り”Part3 | トップページ | 「日本選手権」後の対応 »

また基地外が暴動

◆コラム〈不定期雑記〉第伍拾七号◇10/1◇

皆さん、如何お過ごしでしょうか。いよいよ10月。ようやく秋でしょうかね・・・。

さて、9月末の真夜中にまた2年前の阿鼻叫喚の再現があった模様。(ちなみに小生は早く就寝したにもかかわらず金縛りにあっていた…)
珍ヲタがまた暴徒と化し、あの状況下でもヘドロ川へ飛び込み、そこまでしない奴でも公園の噴水にダイブ、「道頓堀入口」の看板を器物破損、御堂筋を不法占拠して機動隊ともみ合ったり、暴動はエスカレートしてタクシー襲撃とまさに基地外!犯罪者集団とはこのことである!!

これらに鬼畜ども対して、大阪府警も確固たる対処をしたとは思うのだが、検挙にとどまるとは些か納得しかねる。
当然現行犯逮捕するべきであり、タクシー襲撃などは立派な犯罪!あまりにもの暴行に及んだ場合では武力行使の可能性だって否定できないし、諸外国ならそれらを適応されてもなんら文句はいえない。暴徒連中は日本の警察はそこまでしないとタカをくくって活動しており、非常にしたたかで、尚且つ非常に甘えているのである。

今回も結局、道頓堀界隈の封鎖はできなかった。御堂筋の車道部分を占拠した段階に於いては早急な対応が必要であっただろう。
もはや暴徒と化した群集に関しては放水等は止むを得ないかもしれないし、それで対応が不十分の場合は催涙ガスなどの手段もあろう。本当はここまでしたくないのは山々なのだが・・・。

これらの暴動をジャーナリズムとして客観的に伝えたのは東京制作の全国ニュースであり、地元局は優勝騒ぎの浮かれポンチ(これは決して悪い行為ではない)ばかり報道し、問題なのはその影の部分である暴動をまともに伝えてはいなかった。
ある意味、祝賀ムードに水を差してはならぬとばかり「ダンマリ」を決め込んだと言っても過言ではない。
外部の圧力も差し当たってほとんどないにもかかわらず、自ら勝手に自主規制し、真実を語るべき報道機関がこの愚行である。
かなり質が悪いと言わざるをえない。
恐らく、大阪では最大勢力の阪神ファンには逆らえぬということで、どうも臆病になっているのではないか。
そんなに珍ヲタが怖いのか?

この状況は、特に茶屋町局が一番顕著に表れている。普段はニュース番組「VOICE」での憤懣本舗などジャーナリズムの視点に立った報道もしている部分も見られるが、ことプロ野球報道に関しては毎回必ず「阪神の星」なる翼賛コーナーがあり、ほとんど珍ファッショとしかいい様がない語り口である。近年の茶屋町局の“虎傾化”は、見ていて激しいものがある。
従って小生は夕方ローカルニュースは、番組内で原則スポーツを取り上げない読売テレビ「ニューススクランブル」を見ている。意外に文化財関係が強いし(陵墓や宮内庁関連とか)、結構政治的タブーな報道もしている。

話はそれてしまいましたが、この様に取巻く環境が基地外に本当に甘いとしかいいようがない。
先日ミナミにて大量動員された警察官だって、恐らく公休出勤とかさせているだろう。その手当て等の源はみんな府民の税金である。あんな不必要な基地外どもに我々の熱い血潮の結晶である血税が注ぎ込まれているのである。これは怒りを大にして訴えるべきである。
ましてや、パレードなる提灯行列などもってのほか!
ちなみに兵庫県は、知事が「県民全員が阪神ファンではない」と、至極真っ当な意見を述べ、否定的見解。
これでも大阪府はまだパレードなる血税のムダ使いを挙行しようとするですか?!ブタ江さん!

それと、阪神球団!ならびに阪神電鉄!
こんな暴徒をファンに抱え恥ずかしくないのか?!また関係各位に多大なる迷惑を引き起こしているのであるから、まず貴様等から、当該球団に関する事項で世間一般に対しまして大変なご迷惑をおかけしました。との謝罪声明くらいはするべきであろう。そういう発表はいまだかつて聞いたことがありません。

ましてや公共交通機関を擁する企業であるのなら尚更である。企業体質の見識が疑われる。

こんな暴挙を毎回繰り返し見過ごし、ましてや有効な歯止めの手立てが打てない企業にはなんらかの制裁があってしかるべきである。
まず日本野球機構がなぜ阪神球団に対してしかるべき指導監督を行なわれないのか?甚だ疑問である。
いつまでたっても改善の兆しが見受けられないのであれば、機構脱退をも勧告してもおかしくないのではないでしょうか。いやこれは過激な事を言っている様であるが、決して冗談ではない。

今回の暴挙で、阪神電鉄グループ、一部の在阪マスコミ、ひいては大阪がまたイヤになった。
経済原理にのっとって、さっさと村上ホールディング電鉄でも、村上タイガースにでもなったらどうか・・・。

|

« 様々な“祭り”Part3 | トップページ | 「日本選手権」後の対応 »

「社会・事件」カテゴリの記事

コメント

私の公式応援球団の今季試合納めにと去る2日、大曽根ドームへ行って来ました。その試合終了後帰路につこうとすると最寄り駅の「ナゴヤドーム前矢田」駅前のらせん階段付近で黄色装束軍団が例の古関裕而作の歌をこれみよがしに威嚇するように大声で唄っていました。ちなみにカードはその球団に一切関係の無い中部日本×東洋工業です。
皆さん、どうにかならないもんでしょうか。

投稿: 3D-ken | 2005/10/10 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42851/6199872

この記事へのトラックバック一覧です: また基地外が暴動:

« 様々な“祭り”Part3 | トップページ | 「日本選手権」後の対応 »