« ありがとう2006 よろしく2007 一年の計は元旦にあり | トップページ | 悪質なるペテン報道 »

私のルックアラモードを返せ!

◆コラム〈不定期雑記〉第七拾参号◇1/18◇

皆さん、こんばんは(こんにちは)。寒いですがいかがお過ごしでしょうか。

さて、以前に吉野家の牛丼と決別せざるをえない状況を不定期雑記で書きましたが、またやむなく、もしかすると決別させられざるをえない食品が出てきました。

それはズバリ、不二家の「ルックアラモード」です!

本来、洋菓子部門の不行き届きが、不二家自体の大いなるイメージダウンという事で、流通から不二家製品そのものが弾き飛ばされてしまった。小生も発覚後、「こりゃ他のお菓子も(撤収されるかも?)危ないかも?!」と思ったが後の祭り・・・店頭から不二家はルックチョコレートシリーズから、ミルキー、カントリーマアム、ホームパイ等すべてが消え去った。おまけにネクター等の飲料までどうも撤収するらしい。
今や世間では不二家バッシング真っ最中で、おとなしく右を習えで、不二家製品を置いていると小売店側自体がイメージダウンを被ると思ったのだろう。果たしてそれが消費者の総意なのか?
また現状を見るとどうも“雪印の二の舞”という観測が大半で、不二家は万が一の不測の事態に備えて自社製品を出来る限り近い形でいいから引き継いでくれる身請け先を探すべきだ。そうでないともう一生不二家製品は口にする事はできないかもしれない。

当面は食する事がままならず禁断症状に陥るであろう、そう、個人的にはルックアラモードだ!
あのイチゴ、パイン、バナナ、カカオのペーストがなんともいえぬ・・・今さら時代遅れかもしれないがあの永遠のワンパターンの四種類。しかしながら近年はストロベリーに特化したものや、三種類のカフェペーストの味のものなども発売していた。←(個人的にはカフェシリーズは抜群だった)
まあ一口サイズのチョコレートに、ほとんど人口甘味料に近いペーストを含ませた代物など、こんな時代遅れのお菓子を正々堂々作っていれたのも不二家だからこそだ!銀座にありながらどことなく田舎くささを感じさせるのもその辺からである。

小生は今さら安モンの新聞記者やコメンテーターの様に不二家を批判するつもりは更々ない。むしろヤクザ紛いの安モンの正義感ズラした連中に糾弾され、逆に穿った見方をすれば針の筵の様でかわいそうに見えるくらいで、エレベーターから逃げただの小さい小さい。
まあ極端な例を挙げれば、鳥インフルエンザの「浅田エッグ」の時も記者連中が浅田夫婦を吊るし上げてその後の夫婦はどうなってしまったのかはご承知の通り・・・。
記者連中諸君!貴方方はトヨタの問題の時にそんなに威勢よかったか?!日本のマスコミは“弱り目に祟り目”みたいなもので、弱まった者にはとことん追い込むのですな。
不二家も近年は業績不振でCMスポットもめっきり減って、マスコミも批判しやすかったのだろうね。

あえて言おう。
「さようなら、不二家。さようなら、僕のルックアラモード・・・。」

|

« ありがとう2006 よろしく2007 一年の計は元旦にあり | トップページ | 悪質なるペテン報道 »

「社会・事件」カテゴリの記事

コメント

こういう不穏な出来事勃発の際に久々にコメントさせて頂くのもどうかと思いますが…

勇者ブレーブス特急さんはルックアラモードがお気に入られているようですが、私は「いい歳をさいて…」と言われる向きがあるかもしれませんが「ミルキー」が大の好物で、仕事中口中が寂しいかなと言うようなときはよくたしなんでいたりします。今年も新年早々「いちごとれん乳のミルキー」という新バリエーションも登場し、これからの展開を楽しみにしていたらこの不祥事発覚…

不二家のミルキーサイトを目にすると空しいと言うか、本当に悲しくなってきます…

マスゴミ(あえてこう言います)の対応については「よくぞ言って頂いた!」という思いです。今回の件は言うまでも無く組織ぐるみで消費者・ファンを裏切ったメーカー側に落ち度がありますが、似非正義ヅラのマスゴミのまさに鬼の首をとったような報道は実に辟易します。ここのところ「いじめは許さない」と大キャンペーンを張っているくせに、やっていることは「弱いものいじめ」そのものではないかと…こう感じるのは私だけなんでしょうか?

投稿: 3D-ken | 2007/01/20 03:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42851/13564333

この記事へのトラックバック一覧です: 私のルックアラモードを返せ!:

« ありがとう2006 よろしく2007 一年の計は元旦にあり | トップページ | 悪質なるペテン報道 »